学校紹介 学校長あいさつ

学校長あいさつ

本校は、今年創立86年目を迎える伝統ある女子校です。昭和8年、戦前の女子教育を出発点としておりますが、常に時代の変化や、社会が求める教育内容に真摯に応えながら、建学の精神「桃李成蹊」、行動指針「忠恕」を基軸とした人間教育と女子教育に邁進してまいりました。その成果として、本校は府内女子高校の中で、8年連続して入学生の最も多い人気のある女子校として、皆様のご支援を頂いております。

現在、本校は普通科のキャリア進学コース、幼児教育コース、スポーツコース、キャリア特進コースと、美術科のアート・イラスト・アニメーションコースを有する2学科5コースを有する総合タイプの女子校として発展を続けています。2019年の今年、平成から令和に移るこの年に、本校は更に発展し、普通科に6番目となる「音楽コース」を設置します。これは、今年の大阪成蹊学園と大阪音楽大学との連携協定の締結を機会に、大阪音楽大学のご支援を受け、本校での音楽教育の充実と大阪での音楽文化の発展に少しでも寄与したいと願い、新たなコースを設置しました。

併せて、2020年には、本校で最も多くの生徒が入学するキャリア進学コース2年の選択レーンに「アドバンス英語レーン」を開設いたします。社会の要請であるグローバル化に対応して、本校の大きな特色である「女子に特化したキャリア教育」の幅を更に拡大し、グローバル教育を具体化します。このレーンは、普通科の通常単位数だけの英語教育では物足りないと感じる生徒の皆さんや、海外研修や海外留学を希望する皆さん、TOEICやGTECなどでハイスコアを狙いたい皆さんの夢をかなえるレーンです。
 また、本年度から1年生全員を対象に世界最大の英会話学校であるベルリッツの英会話を放課後に1時間実施します。英語は小・中学校から学んでも話せない、聞けないという生徒が多い中、大阪成蹊女子高校では、すべての生徒が英会話の力を高め、使える英語力を身に着けてもらいたいと願っています。更に、本校は国連のユネスコ委員会に正式にユネスコスクールとして2018年に認定されており、全生徒を対象にグローバルな活動も積極的に進めています。学校独自で国際教育の科目「グローバルスタディ」を教育課程に配置するとともに、コース別に海外修学旅行を実施し、希望生徒にはアメリカ海外キャリア研修、オーストラリア語学研修、台湾の姉妹校との国際交流研修を毎年実施しています。

このように、本校は、「大規模校でありながら一人ひとりの生徒を大切に」を教育理念として、一人ひとりの生徒の夢の実現をめざして、1学級平均33人クラスで、いじめのない安全安心な学校を全教職員でめざしています。本校の退学率は1%を切っており、転・退学率も公立高校の半分以下です。毎年実施する生徒の学校評価アンケートでも、学校生活が楽しい、本校に入学してよかったという声が90%を超えています。生徒のニーズに応え、生徒の夢と希望を育む教育の充実に努めているのが大阪成蹊女子高校です。

今後もPTA・蹊友会・後援会の皆様のお力添えを得て、活気あふれる学校づくりと学校力の向上に向けて、全教職員をあげて取り組んでまいる所存です。本校への変わらぬ御支援をお願い申し上げます。

大阪成蹊女子高等学校長 紺野昇

行事などでの学校長メッセージ

Page Top