学校紹介 学校長あいさつ

学校長あいさつ

大阪成蹊女子高等学校のwebサイトを訪れてくださった皆さん こんにちは。私は2018年4月に校長として着任しました谷井隆夫です。私はこれまで、大阪府立高校3校で校長の経験をし、この度ご縁を得てこの大阪成蹊女子高校に勤務することとなりました。

創立85周年を迎える大阪成蹊女子高等学校には、公立高校にはない素晴らしい特色がいくつもございます。その最大のものは「女子に特化したキャリア教育」を推進している点です。思春期の3年間で、女子にとって必要な教育をきめ細やかに学べるというメリットを多くの人が感じ、また理解しているからこそ、たくさんの中学卒業生に本校が支持されているのです。

その「女子に特化したキャリア教育」の内容を、いくつかの視点からご紹介したいと思います。まず最初は、一昨年、大阪の私学として初めて専門学科の美術科を設置し、普通科4コース、美術科1コースの多様な学びを実現する総合タイプの女子校へと発展したことでございます。普通科のキャリア進学コース、幼児教育コース、キャリア特進コース、スポーツコースと、美術科のアート・イラスト・アニメーションコースをあわせて、今年も15学級・505名という多くの入学者を迎えることができました。府内の私立女子校は、少子化等の影響もあって年々入学者が減少し、多くが定員割れという状況です。そのような厳しい中にあっても、女子にとって魅力ある教育内容を提供することで、過去6年間、本校は府内女子校で最大の外部入学者数を誇っているのです。

次に安心できる進路保障についてご紹介します。本学園には、併設する大阪成蹊大学と大阪成蹊短期大学、びわこ成蹊スポーツ大学があります。大阪成蹊女子高等学校で学んだ教育内容を、共学の併設校でさらに発展的に学ぶことができるのです。併設大学・短大へは、毎年希望者のほとんどの方が優先的に入学できる上に、学費についてのサポートも準備しています。このような学園全体の総合教育力は、多くの中学生やその保護者の皆様から高い評価をいただいているのです。

続いてゆとりある教育環境についてご紹介します。本校は全学年で49学級という規模の大きい学校ですが、「大規模校でありながら一人ひとりの生徒を大切に」を教育理念に持ち、詰め込みの環境を作らないという一貫した教育方針を持っています。2018年度は505名の新入生を迎え、4月1日現在の在籍者数は1,700名、49学級編成で、コースによって違いはありますが、全体で平均すると1クラスあたり35名以下となります。他の府立・私立高校よりも一足早く35人学級を実現しているのです。これは、学校の教育方針に基づいて一人ひとりの生徒に向き合う姿勢を重視しているからです。また、公立の府立高校では平均退学・転学率は3%以上ということですが、本校はその約半分です。大規模校であっても、安全で安心な学びができる学校をめざしており、退学者や転学者が少ないという魅力も備えているのです。

最後に「グローバルなキャリア教育」についてご紹介します。現在、本校は時代のニーズに応える女子教育に邁進しています。各コースの特色ある教育はもとより、全コースで「グローバルなキャリア教育」を教育目標の中心に据えています。一昨年、台湾の伝統校で、多くの生徒を抱える女子校、金陵女子高級中学との国際交流を開始しました。昨年6月には約30名の生徒が本校に来られ、12月には約50名の本校生が台湾を訪問しました。女子校の生徒同士、たいへん友好的な雰囲気で、充実した交流会を行うことができました。また、毎年実施しているニューヨークでの海外キャリア研修、オーストラリアでホームスティしながら語学を学ぶ各種の希望制研修も、大きな成果を挙げています。全員が参加する修学旅行では、すべてのコースが海外に出て、豊かな国際感覚と世界の多様性を学ぶこととしています。昨年12月に実施した修学旅行では、カナダ、オーストラリア、チェコ、ニューカレドニア、フィンランドと行き先はコース毎に違いましたが、ほとんどの生徒が「大満足した」「満足した」と回答しており、「満足しなかった」という回答はゼロでした。そして、これらの海外研修に求められる「使える英語力」の育成にも本校は力を入れています。普段の英語の授業では、スピーキングやリスニングを重視しており、ネイティブスピーカーのNET(Native English teacher)による授業も年々拡大しています。放課後には希望者を対象として、世界最大手の英会話学校であるベルリッツ・ジャパン社と提携した無料の英会話教室を展開しており、生徒たちには大評判です。本校は、よりいっそう生徒のニーズに応え、生徒の夢と希望を育む教育の充実に努めております。

このような特色ある教育内容が「女子に特化したキャリア教育」の概要でございます。今後とも、PTA・蹊友会・後援会の皆様のお力添えを得て、活気あふれる学校づくりと学校力の向上に向けて、全教職員をあげて取り組んでまいる所存です。本校に関心のある皆さまのご来校をお待ちするとともに、本校関係の皆さまの変わらぬ御支援をお願い申し上げます。

大阪成蹊女子高等学校長 谷井隆夫

行事などでの学校長メッセージ

Page Top