コース紹介 キャリア特進コース〔普通科〕

キャリア特進コースは1年次は共通クラス、2年次から2つのレーンに分かれます。

キャリア特進コースの概要

「なりたい自分」を見つけ、
国公立大学・難関私立大学の合格をめざす。

キャリア特進コースは、国公立大学・難関私立大学進学によって夢を実現したい人のためのコースです。 本校オリジナルのキャリア教育を取り入れ、「学ぶ目的」を見つけ、「勉強するためのモチベーション(動機付け)」をしっかり行ったうえで、勉強に取り組めるようサポートします。
社会で必要なコミュニケーション能力だけでなく、合格に必要な「学力」も身に付けていきます。

イメージ
さらに希望進路に合わせたレーン選択制がスタート
大阪成蹊女子高等学校はここがちがう!
「思考コード」に基づく学習プログラム

2020年に大学入試が変わります。
今までのような知識に頼って解答を導き出す形式から、自分の考えを論理的に表現するものに変わります。
また、既存にない新たな答えを表現する力も求められます。キャリア特進コースでは、この入試に必要な力、さらには社会で求められる力を身につけるべく、思考コードに基づいた学習プログラムを実践しています。

思考コードの図
iPadを活用したICT教育

iPadを用いて授業の効率化を図ります。(例:データの共有・プレゼンテーション・ディスカッション・課題提出など) 事例紹介
EVERNOTEを活用した「使える英語」の習得英語入試に対応するために、「読む」「書く」に加えて、「聞く」「話す」能力の習得に向け、EVERNOTE(エバーノート)というアプリを導入し、その成果をあげています。
NTTドコモのホームページでキャリア特進コースの英語教育の取り組みが紹介されています。こちらからご覧ください。

イメージ
自学自習を手厚くサポート

放課後は自学自習の時間と場所を確保するために、図書室の利用時間を平日は19時まで、土曜日は17時まで開放し、英語・数学・国語の教員が常駐して質問などに対応。毎日、多くの生徒が自主的に勉強に来ています。また、毎朝0時限に講習や小テストなどを実施して、規則正しい学習習慣を身につけるとともに、家庭学習の継続を図ります。

イメージ
探究型学習

さまざまなテーマを用いて、課題解決力・論理的思考力を身につけます。高校2年次には自分の考えを論文という形で表現します。

イメージ
ディベート・ディスカッション・プレゼンテーション

多角的に物事を見て、表現力を高めるために、ディベートやディスカッション・プレゼンテーションを様々な授業で取り入れています。

イメージ
キャリア特進コースの特典
① キャリア特進コース入学者は入学金(20万円)を全額免除いたします。
② 勉強合宿(3年間で約5回)などで使用する「びわこセミナーハウス」の宿泊費を大阪成蹊学園が負担いたします。
③ 年間最大10回分の模試受験料を大阪成蹊学園が負担いたします。
受験生の皆様へ

キャリア特進コース出願時は他のコースを第2希望として選択することができます。
キャリア特進コースに合格した場合は、第2志望で選んだコースの権利はなくなります。
またキャリア特進コースは専願、第2志望コースは併願という受験方法も可能です。

Pick up プログラム

効率的なスパイラル学習プログラム

スパイラルはらせんを意味しますが、くり返し学習することで確実な定着を図り、受験に対応する力を効率よく身につけるシステムです。
キャリア特進コースでは、難関大学受験指導の経験豊富な先生方によるていねいな指導で、生徒一人ひとりのレベルに合わせたフォローアップ指導で成績向上を促します。

少人数での授業展開

個別の希望進路に対応するため、少人数での授業を展開しています。

イメージ
特別講座

春・夏・冬の長期休暇中に発展的な学習を行い、入試に対応できる学力を身につけます。

イメージ
勉強合宿

経験したことのない勉強量をやり遂げることにより、目的達成の貴重な経験を積みます。そのようにして、難関大学合格への強い気持ちを育てます。

イメージ
模擬試験

学習成果の確認はもちろん、学力面で伸びていく力を実感し、自分の自信につなげていきます。

イメージ
MSS

MSSとはMorning Study Support。1時間目の始まる前に行う自学自習で大学入試に備えた学習の時間として有効活用しています。

イメージ
放課後学習スペース・放課後講習

進学指導の経験豊富な教員が常駐して、いつでも自由に質問できる学習環境で勉強をサポート。
放課後講習も行っています。

イメージ
Page Top