お知らせ

台湾の鳳山商工高校の皆さまが来校されました。

18.06.13
2018年6月8日(金)、台湾の鳳山商工高校から生徒22名、教職員の方々5名が来校されました。
 
セレモニーでは、本校の谷井校長先生の中国語での挨拶や、台湾の生徒たちが歌の発表をするなど、互いの学校について親睦を深めることができました。
その後、併設短期大学の調理・製菓学科を見学しました。
実際に授業を見学することで、その様子がよく分かり、興味をもつことができたようでした。
そして見学後は、本校の2年1組の生徒とランチ交流会をしました。
2年1組の生徒は、英語で学校紹介や大阪の紹介をプレゼンしました。
クイズを織り交ぜながらのプレゼンはとても盛り上がりました。
ランチ後は、併設短期大学のグローバルコミュニケーション学科の学生たちが学園内を案内してくれました。
流暢な英語を使って説明をしてくれたので、とても素晴らしいツアーになりました。
 
今回の交流では、高校と大学が連携をして行うことができ、高校生と大学生どちらにとっても良い刺激になったようです。
このような機会を今後の進路や人生に生かしてほしいと思います。
 
 
 
 
 
 
一覧へ戻る
Page Top